外郎のルーツ

外郎のルーツは「薬」?!
 山口県の伝統銘菓の一つ「外郎」。その名前の由来をご存知ですか。
 今から約600年前の室町時代の初め、中国からせきやたんに効く薬が伝えられました。その薬は伝えた人の中国での官職「礼部員外郎{当時の読み方}」から、「外郎薬」と呼ばれるようになりました。併せて接待用のお菓子の製法も伝えられ、そのお菓子が外郎薬の外見と似ていたことから、「外郎もち」と呼ばれるようになり、次第に全国に広まって言ったようです。
 
天満屋
〒747-0033
山口県防府市上天神町9番8号
TEL.0835-22-0767
FAX.0835-22-4818